ニュース

7連勝の巨人、2位争い抜け出し広島と5差 メルセデス2連勝、陽5打点!

無断転載禁止
巨人・メルセデス=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.18 18:00
阪神タイガース 3 終了 5 読売ジャイアンツ
甲子園
● 阪神 3 - 5 巨人 ○
<15回戦・甲子園>

 巨人が粘る阪神を振り切り、球宴を挟み7連勝。貯金を2とし、中日に敗れた首位・広島とのゲーム差を5に縮めた。

 巨人は初回、二死から安打と2四球で満塁とし、6番陽が右中間を破る走者一掃の適二塁打を放ち3点を先制した。2回以降は追加点を奪えない展開が続いたが、8回は一死二、三塁の好機を作り、再び陽が三遊間をしぶとく破る2点適時打を放った。

 この試合前まで4試合連続無安打だった背番号2だが、この日は3打数2安打1四球で3出塁。さらに、チームの全5打点を叩き出した。

 投げては先発の育成出身左腕・メルセデスが好投。7回108球、6安打4奪三振無失点でデビューから2連勝とした。8回は野上が移籍後初のリリーフ登板で1回無失点。9回に3番手の谷岡が3点を失ったが、最後はマシソンが締めた。

 阪神は9回に3点を返したが、反撃が遅く球宴を挟み4連敗。先発の才木は初回に二死から失点を重ね、5回3失点で3敗目(2勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西