ニュース

セの“首位攻防戦”に若松氏「最低でも巨人は2勝1敗でいかないと…」

 7連勝と勢いに乗る2位・巨人は、20日から敵地・マツダスタジアムで首位・広島と3連戦に臨む。

 前回対戦の8日の広島戦に6-4で勝利してから7連勝中の巨人。首位・広島とのゲーム差を5に縮め、3連勝すれば一気に2ゲーム差となり、セ・リーグのリーグ優勝争いが面白くなりそうだ。

 19日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演したニッポン放送ショウアップナイター解説者の若松勉氏は「明日からの広島戦に巨人は分が悪いので、何とか頑張って欲しいですよね」と話し、「最低でも巨人は2勝1敗でいかないと、後が苦しくなりますよね」と分析した。

 若松氏は状態をあげてきた巨人に対し「この2人が大きい」とヤングマンとメルセデスの名前を挙げ、「いいピッチャーですよ」と絶賛。その中でもメルセデスについては「球が速くてコントロールが良くてズバッといきますから面白いですよ」と評価した。

 一方の首位・広島は巨人との3連戦、「広島は1つ勝てばいいんじゃないかなと思いますね」と1勝2敗でも良いとの考えを示した。

 2位・巨人は今季マツダスタジアムで5戦5敗と相性が悪い。鬼門のマツダスタジアムで3連敗することがあると、広島とのゲーム差が8に広がってしまう。逆に3連勝すると2ゲーム差に迫ることができる。

 2位・巨人にとっては、4年ぶりにリーグ優勝するためにも、敵地・マツダスタジアムでの3連戦は今後を占う意味でもかなり重要な戦いになりそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM