ニュース

2位・巨人、自力V消滅&マツダで12連敗 野村弘樹氏「後半戦最初の山場で…」

無断転載禁止
5回、広島・丸に2ランを浴びた今村(右から2人目)のもとに集まる巨人ナイン=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.22 18:00
広島東洋カープ 8 終了 6 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 8 - 6 巨人 ●
<16回戦・マツダ>

 巨人が6点リードを守り切れず6-8で敗れた。この敗戦で自力優勝が消滅し、昨年から続くマツダスタジアムでの連敗が12となった。

 巨人は3回にマギーの第12号3ラン、4回に吉川尚の第3号2ランが飛び出し、4回表終了時点で6-0と大量リード。今日こそ巨人が勝利するかと思われたが、1-6の5回、田中広輔の第5号2ラン、丸佳浩の第19号2ラン、鈴木誠也の第13号ソロで5点を失い同点に追いつかれてしまう。6-6の7回にセットアッパー・上原浩治が、丸に勝ち越しの第20号2ランを打たれ、結果的にこれが決勝点となった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏は試合中に「この3連戦は、ジャイアンツがどれぐらい頑張れるかと思っていた。後半戦最初の山場で、この3つがウェイトを占めた中での戦いですからね…」と話し、試合後には「諦めてはいけない時期。カープが独走していますけど、5球団のつぶし合いも含めてあると思いますが、追っかけていかないといけない」と5球団の奮起を促した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM