ニュース

江本氏、巨人・長野に「追い込まれたら…」

無断転載禁止
広島へ人的補償で移籍することになった長野久義(C)KYODO NEWS IMAGES
 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、巨人・長野久義の7回の打席について言及した。

 巨人は2点を追う7回一死三塁の好機で長野は、先発・小川泰弘に対し、1ボール2ストライクと追い込まれる。江本氏は「追い込まれたら、とにかくボールと外のショートバウンドの球は振りますから」と話した通り、4球目と5球目の外角のボール球に手を出しファウル。最後は外角のカットボールを打つも右飛に倒れた。

 江本氏は長野が右飛に打ち取られた後、「とにかく天才的なバッティングなので、どうしても(ボール球に)バットを出してきますよね」と振り返った。続く吉川尚輝も、2番手・中沢雅人に右飛に打ち取られ得点を挙げることができなかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM