ニュース

ソフトバンクが被災地の小・中学生を本拠地に招待!柳田「楽しい夏の思い出を」 

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田悠岐(C)KYODO NEWS IMAGES

「ヤフオクドームで楽しい夏の思い出を」


 ソフトバンクは25日、同選手会が2016年に発生した熊本地震と、今年7⽉の九州北部豪⾬で被災した⼩・中学⽣とその保護者をホークス主催試合に招待することを発表した。

 この取り組みは2016年から行っており、3回目を迎える今年は7月28日から9月24日の週末と夏休みの期間にヤフオクドームで開催される計19試合で各50名ずつ、のべ950名が招待されるとのこと。当日はグラウンドでの練習⾒学や選⼿との記念撮影なども予定されている。

柳⽥悠岐選⼿会⻑ コメント
⼤きな災害を経験し、今もなお「怖い思い」や「つらい思い」と向き合いながら暮らしている⼦どもたちが少なくないと聞いています。
そんな⼦どもたちにヤフオクドームでホークス戦を観戦してもらい楽しい夏の思い出を作って貰えれば、僕たちとしては本当に嬉しく思います。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西