ニュース

阪神・藤浪、自己最短の1/3回で降板 制球に苦しみ2安打4四球で5失点

無断転載禁止
阪神・藤浪晋太郎
2018.07.26 18:00
阪神タイガース 3 終了 9 広島東洋カープ
甲子園

雨天のため1時間10分遅れで登板


 阪神の藤浪晋太郎投手が26日、広島14回戦(甲子園)に先発登板。初回から制球難などで5点を失い、プロ入り後最短となる1/3回で降板した。

 豪雨の影響で、1時間12分遅れて始まった一戦。後半戦初登板となった藤浪は初回、2四球と1安打で無死満塁のピンチを招くと、4番鈴木の遊ゴロの間に先制点を許した。5番松山には四球を与え再び満塁とすると、6番西川には左中間への2点適時二塁打を許し3失点目。7番岩本にも4つ目となる四球を与えてしまい、堪らずベンチを出た金本監督は投手交代を告げた。

 2番手・岡本も2点適時打を許し、藤浪は計5失点。背番号19は1アウトしか奪えず、1/3回32球、2安打4四球5失点で自己最短KOとなった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西