ニュース

サヨナラ打の西武・森に辻監督「集中力、勝負強さを持っている」

無断転載禁止
西武・森友哉=メットライフドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.26 18:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 1 オリックス・バファローズ
メットライフ
○ 西武 2x - 1 オリックス ●
<14回戦・メットライフ> 

 西武は森友哉が延長10回に適時二塁打を放ち、2試合連続サヨナラ勝ちした。

 1-1で迎えた延長10回、先頭の中村剛也がヒットで出塁すると、続く木村文紀がしっかりと送り一死二塁で打席には代打・森友哉。森は2ボール2ストライクからオリックス・増井浩俊のフォークを捉え打球は右中間へ。二塁走者の中村が生還しサヨナラ勝ちを決めた。

 西武・辻発彦監督は「橋上コーチと、外野手が前に来ている。彼の今年のサヨナラヒットは右中間を抜けていたので、あそこに抜けていかないかなと話している瞬間に打っていったので良かったです」と喜び、「森と勝負してくれてありがたかった。そこを応えられた森の集中力、勝負強さを持っていますね」と褒めていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM