ニュース

中日・平田は左手小指の打撲 森監督「大事に至らなくてよかった」

無断転載禁止
中日の平田良介
 28日の巨人戦で初回死球を受け負傷交代した中日・平田良介は同日、東京都内の病院で検査の結果、『左手小指の打撲』と診断された。

 森繁和監督は試合後、「当然私の方もヒヤッとしましたけど、結果は大事に至らなくて良かったと思います」と安堵の表情を浮かべた。

 平田は27日終了時点で打率リーグトップの.331をマークするなど、中日打線には欠かせない存在感を発揮している。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM