ニュース

復帰登板の松坂、5回2失点4勝目 6四死球も粘投、高橋が援護弾連発

無断転載禁止
中日・松坂大輔(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.08.01 18:00
埼玉西武ライオンズ 6 終了 14 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
○ 中日 8 - 5 阪神 ●
<15回戦・ナゴヤドーム>

 中日の松坂大輔投手が1日、阪神15回戦(ナゴヤドーム)で後半戦初登板初先発。6四死球と制球に苦しんだが、5回2失点と粘り4勝目(3敗)を手にした。

 6月中旬に背中の不調を訴え、球宴登板を経て戦列復帰を果たした右腕。復帰戦は初回から制球に苦しみ、2回に押し出し四球で先制を許した。それでもその裏、7番高橋が5号3ランを放ち3-1と逆転。援護弾に応えたい右腕だったが、直後の3回表も死球絡みでピンチを招き、6番陽川に左越え二塁打を許した。

 1点差に迫られ、なおも一死満塁とされたが、9番才木、1番糸原を連続三振に仕留めピンチ脱出。4回も一死から3番ナバーロに四球を与えたが、4番福留の大飛球を左翼・藤井が好捕。飛び出していたナバーロが帰塁できず、相手のボーンヘッドにも助けれ併殺でピンチの芽を摘んだ。

 4回裏に再び高橋が、2打席連発となるソロ弾を左翼席へ。リードを再び2点に広げてもらった松坂は、5回を初の3者凡退に抑え勝利投手の権利を獲得した。

 5回裏はそのまま打席に入り一飛に倒れた。6回も続投かと思われたが、中日ベンチは6回から佐藤を投入。松坂は5回94球、5安打5奪三振6四死球2失点の内容で、リリーフ陣にあとを託した。

 中日は6回、高橋のこの試合6打点目となる2点適時二塁打などで4点を追加。4連勝で最下位を脱出し、松坂は復帰戦を白星で飾った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西