ニュース

阪神、凡ミス多発で最下位転落&借金8 制球難の松坂に復帰白星献上

無断転載禁止
阪神のロサリオ
○ 中日 8 - 5 阪神 ●
<15回戦・ナゴヤドーム>

 中日は後半戦初の4連勝で最下位脱出。阪神は攻守ともにミスが続出し、中日と入れ替わり最下位へ転落した。

 阪神は、先発・才木が不安定な立ち上がり。中日の高橋に2打席連続本塁打を浴びるなど、5回4失点で4敗目(3勝)を喫した。打線は中日先発・松坂の前に8残塁。1-3の3回は1点を返し、なおも無死二、三塁の好機だったが、7番ロサリオは二飛。一死満塁後、9番才木、1番糸原は連続三振に倒れた。

 4回は一死から3番ナバーロが四球で出塁するも、続く福留の左飛で痛恨の走塁ミス。帰塁できず併殺となり、不安定な右腕を勢いづけてしまった。6回にはリリーフした望月、岩崎が踏ん張れず大量4失点。6点を追う8回に代打・伊藤隼が1号3ランを放ったが、反撃はここまでだった。

 阪神は守備でも、バッテリーミスや二塁・糸原の失策など、拙守が散見。ロサリオは何でもない投ゴロで一塁ベースをがら空きにしてしまい、内野安打でムダな走者を許してしまった。

 中日は、7番高橋が2打席連続弾を含む計3安打6打点と爆発。松坂は6四死球と制球に苦しむも、5回5安打2失点で復帰戦を4勝目(3敗)で飾った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西