ニュース

日本ハム、西武下し再び2.5差 中田が19号2ラン含む3打点

無断転載禁止
5回に左中間席への19号2ランを放つ日本ハム・中田=メットライフ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.08.04 18:00
埼玉西武ライオンズ 3 終了 6 北海道日本ハムファイターズ
メットライフ
● 西武 3 - 6 日本ハム ○
<13回戦・メットライフ>

 首位攻防第2ラウンドは日本ハムが勝利。首位・西武とのゲーム差を再び2.5に縮めた。

 日本ハムは3回、2番松本の中前適時打で先制。さらに二死一、三塁から、4番中田が三塁線を破る適時二塁打を放ち2点目を加えた。中田は5回にも19号2ランを左中間席に運び、この試合計3打点。これで西武・山川と並び、リーグトップの81打点目を記録した。8回には6番アルシアが10号2ランを放ち6-0。この日は打線が効率よく得点を加えた。

 先発のマルティネスは要所を締める投球。4点リードの5回はバックの失策もあり二死満塁のピンチを招いが、2番源田を遊ゴロに退け野手のミスを救った。新助っ人は5回93球を投げ、3安打6奪三振無失点の内容。西武打線を無失点に封じ、6月14日の阪神戦以来となる8勝目(7敗)を挙げた。

 8回に3番手・玉井が3点を失ったが、9回は浦野が締め2セーブ目(2勝1敗)。西武の反撃を振り切った。

 西武は8回に8番中村の13号3ランで追い上げるも、反撃及ばず連勝は2でストップ。先発のウルフは6回4失点で3敗目(3勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西