ニュース

大矢氏が広島・菊池の走塁を「非常に良い」と評価したワケ

無断転載禁止
広島の菊池涼介
 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、2回の広島・菊池涼介の走塁を絶賛した。

 2回無死二塁からタイムリーを放った菊池は、大瀬良大地のバントで二塁へ進塁。菊池は1番・田中広輔が放った詰まった当たり、DeNAのセンター・桑原将志の前に落ちるのを確認すると、スピードをあげて一気にホームに生還した。

 この走塁に大矢氏は「少し詰まり気味の打球だったので、落ちるまで我慢するか、判断よく回ってこないと還ってこれないんですけど、1回振り返った瞬間にセンターの桑原と位置関係を判断して、そのままホームに還ってきました。非常に良い走塁でした」と頭を使った走塁を高く評価。

「桑原もダイレクトで(ホームに)放ってきましたので、そのおかげで田中もセカンドまで楽にいけましたよね」。打った田中もセンター・桑原が本塁へ送球する間に二塁進塁した。菊池の走塁が打者走者の田中の進塁をアシストする形となった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM