ニュース

100回大会の開幕戦は星稜が勝利!大先輩の前で2回戦進出を決める

第100回 高校野球選手権大会
星稜 9 - 4 藤蔭
<1回戦 8月5日>

 "100回目の夏"の記念すべき開幕試合は、始球式を務めた“大先輩”の松井秀喜氏に「エネルギーをもらった(星稜・林監督)」星稜(石川)が藤蔭(大分)を下し、今春のセンバツに続いて初戦を突破した。

 初回の攻撃で無死満塁から内野ゴロ併殺の間に1点を先制した星稜は、2回に適時打で同点とされ、今夏初失点。県予選から無失点を継続していた投手陣が初めて失点を喫したものの、3回に2番・河合、3番・内山の連続適時打で勝ち越しに成功する。続く4回にも連打と犠飛で加点し、4回までに5点のリードを奪った。

 6回にも4本のヒットを集め3点を加えた星稜は、藤蔭が見せた終盤の反撃を振り切り、9-4で快勝。始球式を務めた同校OB松井秀喜さんの前で2回戦進出を決めた。


▼ 藤蔭(大分) 4 - 9 星稜(石川)
藤|010 000 210|4
星|103 203 00X|9
<継投>
藤:吉村(2回1/3)市川(5回2/3)
星:奥川(8回)寺西(1回)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西