ニュース

田尾氏が語る巨人・マルティネスの気になった部分とは…

無断転載禁止
巨人・マルティネス(C)KYODO NEWS IMAGES
 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 中日-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は、巨人・マルティネスの気になった部分について語った。

 マルティネスはこの日、4回の第2打席に中日・山井大介が投じた外角の変化球を適時二塁打。この打撃に田尾氏は「ヒットを見ていますと、真ん中よりやや外を引っ張る。この球をヒット、ホームランが多いんですよね。インサイドをきっちり引っ張ったというよりも、やや外目なんですよね」と気になった様子。

 続く7回無死走者なしで迎えた第3打席は、全てインコースを攻められ見逃し三振に倒れた。田尾氏は「外寄りの球が好きだというのは分かったんですよ。インサイドをどうさばくかですね。多分これから色んなチームがここ(インサイド)を攻めてくると思うんですよね。その対応がどうできるかですよね」と話しており、今後活躍するためにもインサイドの対応が重要になっていきそうだ。

 それでも、「スイングを見ていたらインサイドが打ちにくいスイングをしていないんですよね。打てるとは思うんですけど、見ていると外寄りの球の方が良さそうなんですよね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM