ニュース

3回途中無失点で広島・高橋昂が降板 真中氏の考えは?

無断転載禁止
広島の高橋昂也
 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた真中満氏は、3-0の3回に広島の先発・高橋昂也を交代させた緒方孝市監督の起用について言及した。

 2回まで走者を出しながらも無失点に抑えていた高橋昂は3-0の3回、先頭の桑原将志に四球を与えたが、ソトを見逃し三振、ロペスを右飛で二死とした。しかし4番・筒香嘉智に四球で出塁を許したところで、緒方監督は高橋昂を諦めアドゥワ誠にスイッチ。

 この采配に真中氏は「3-0で勝っていますけど、緒方監督がこの試合に懸ける執念が伝わってくる。若いピッチャーなので、もう少しどうかなという状況の中、スパッと代えられる勇気がすごいですよね」と評価。「明日はゲームがありませんので、中継ぎピッチャーに頑張ってもらうという思いだと思いますね。首位のチームがここまで徹していくというのは強さを感じますよね」と分析していた。

 高橋昂の後を受けたアドゥワは宮崎敏郎を見逃し三振に仕留め、ピンチを脱した。その後、2点リードの9回に守護神・中崎翔太が2点を失い同点に追いつかれる。延長10回に勝ち越したが、早めの継投に入っていたこともあり、ベンチに残る投手は飯田哲矢、大瀬良大地、高橋樹也の3人だった。それでも、延長10回裏、高橋樹が3人で抑えリードを守り切り勝利した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM