ニュース

里崎氏、7回の巨人・若林の守備に「経験のなさが…」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏
2018.08.08 18:00
読売ジャイアンツ 3 終了 1 阪神タイガース
東京ドーム
 8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた里崎智也氏が、7回表一死一塁の場面のリプレー検証について言及した。

 7回一死一塁から阪神・糸原健斗がセカンドへ放った打球を、巨人の二塁・マルティネスが二塁へ送球し、遊撃・若林晃弘がキャッチしフォースアウトと判定された。ここで阪神ベンチが、二塁のアウト、セーフを巡ってリクエストを要求。リプレー検証の結果、二塁セーフと判定が覆った。

 このプレーに里崎氏は「若林の経験のなさが焦りを生みました。今のセカンドの打球で糸原の打球を考えると、ダブルプレーはほぼ無理なんですよね。そこまで慌てる必要はなかったんですけど、経験のない若手ということで、一生懸命さが仇になりましたよね」と解説した。

 また、里崎氏は三塁ベースコーチの阪神・高代に注目。「三塁コーチャーの阪神の高代コーチがよく見ていて、ベンチにリクエストをした方がいいと指示していましたよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM