ニュース

今季初登板・初勝利の西武・高橋光が“後輩”にエール「刺激になってもらえれば」

2018.09.09 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 1 終了 3 北海道日本ハムファイターズ
楽天生命パーク
● オリックス 6 - 7 西武 ○
<16回戦・京セラD大阪>

 3連勝中の首位・西武は8日、故障により出遅れていた高橋光成が今季初先発。この日、23歳の誕生日を迎えた森友哉とバッテリーを組み、6回を投げて101球の4失点ながら味方打線の援護もあり白星を手にした。

 西武は初回、オリックスの先発・金子千尋相手に、四球と4本の長打単打で一挙「4」点を先制。久々に一軍のマウンドに上がる高橋光を援護したが、その高橋光がピリッとしない。降板後、「今シーズン初登板ということで緊張して力みが出てしまい、無駄なフォアボール、デットボールを出してしまった」と振り返った通り、制球が定まらず、四球と2つのヒットを許しで「2」点を返されてしまう。

 その後も毎回のように走者を出した高橋光は、4回も四死球で2人の走者を出し、宮崎の2点適時打で振り出しに。いつ代えられてもおかしくないような出来だったが、「良くなかったわりに粘り強く投げることができた」と振り返った粘投で6回を投げ切った。そのピッチングに打線が奮起し、6回表にメヒアの犠飛で勝ち越し、8回には“絶好調”中村の4試合連続弾でリードを広げた。

 この日は、前日(7日)に行われた夏の甲子園で初戦を突破した前橋育英の後輩がスタンドで観戦。5年前の甲子園で躍動したかつてのエースは、「後輩が見に来てたので、いいところを見せられました」と今季初白星を喜び、「刺激になってもらえれば」とエールを送った。また、「前半戦は何もできなかったので、結果を残していきたい」との決意を語り、今後の活躍を誓っている

 試合後、西武の辻発彦監督は「真っ直ぐが引っかかってたから、右バッターにインコースが投げられなくて大変だったと思う」と高橋光の投球を分析。また、「ピッチングコーチは5回までと言ってたけど、白黒つくまで投げなきゃダメ。あんなに若くてこれからも勝っていかなきゃいけないのに5回でというのはね。何かをつかんでくれれば」と、6回のマウンドに送り出した指揮官の期待に応えた。

 高橋光はルーキーイヤーに5勝を挙げたものの、2016年は4勝、2017年は3勝と結果を残せていないだけに、ここから終盤戦にかけて存在感を示せるか――。まだまだ本調子ではないものの、10年ぶりの日本一を目指すチームとっては心強い存在が帰ってきたと言えるだろう。


▼ 高橋光成の成績
・投球回:6回
・球 数:101球
・奪三振:4個
・与四球:3個
・与死球:1個
・被安打:7本
・失 点:4点
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西