ニュース

巨人・若林がプロ初安打 宮本和知氏「気持ちがヒットに繋がった」

 巨人のドラフト6位ルーキー・若林晃弘が、9日の阪神戦でプロ初安打をマークした。

 2-1の4回一死走者なしの第2打席、阪神・秋山拓巳が投じたカットボールをライト前に弾き返し嬉しいプロ初安打。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた宮本和知氏は「お父さんがプロ野球選手ですからね。お父さんは喜んでいるでしょうね」と話し、「昨日は4打席目のセカンドゴロでヘッドスライディング。あのヘッドスライディングを見て、今日は1本欲しいと思っていた。その気持ちがヒットに繋がったと思いますね」と分析した。

 若林は続く第3打席は遊直に倒れたが、宮本氏は「引っ張るだけじゃなくて、逆方向にもコースに逆らわないバッティングも見せてくれましたよね。たまたまショートの正面だったというとこですね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM