ニュース

真中氏が「自分で勝ち取ったポジション」と評価した投手は?

無断転載禁止
ショウアップナイターの解説者を務める前ヤクルト監督の真中氏
 広島の高卒2年目・アドゥワ誠が、リーグ3連覇を目指すチームで自分の居場所を確保している。

 開幕からビハインドゲーム、先発が崩れた後のロングリリーフなど様々な場面をこなすアドゥワは、ここまで35試合に登板して、3勝1敗3ホールド、防御率3.43の成績を残す。

 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた真中満氏は「最初は負けゲームからですか、勝ちゲームで投げたり、長いイニングを投げたり持ち場持ち場で力を発揮していますよね。落ち着きもでてきましたし、良い内容ですよね。自分で勝ち取ったポジションですよね」と評価する。

 また真中氏は将来、「(アドゥワは先発で投げるだけの)能力はありますよね」と先発ローテーションを担うだけの力があると分析した。

 8月は1日のヤクルト戦、5日のDeNA戦で失点し、やや疲労は見えるが、最後まで一軍で戦い抜きたいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM