ニュース

巨人・菅野を評価も…江本氏が気になったこととは?

無断転載禁止
巨人・菅野智之(C)KYODO NEWS IMAGES
 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、巨人・菅野智之について言及した。

 江本氏は菅野について「左バッターの外からストライクを取るスライダーをしばらくはやめた方がいいです」と指摘。「これはフォームを崩すんですよ。外角の真っ直ぐでストライクを取ればいいんですよ。外から入ってきたスライダーが外角に決まったら、後はバッターが見やすいですよ。外に逃げていく球ならいいんですけど、外から入ってくる球は、見せるのがもったいない」と続けた。

 3回に広島・菊池涼介に安打を打たれた後にも江本氏は「左バッターの時に外角に入るスライダーを投げて、ストライクを取るのはやめろと話しましたよね。そうすると、右バッターの時にその球を投げると中に入ってくるんですよ。カンペキに甘いスライダーでしたよね。スライダーは左バッターのインロー、右バッターのアウトコース。これ以外の時に使ってはいけないんですよ」と自身の見解を述べた。

 それでも、3戦連続4失点以上喫していた菅野だが、この日は広島打線を7回6安打2失点にまとめ復調の兆しを見せた。江本氏は7回、菅野が田中広輔をインコースの真っ直ぐでライトフライに打ち取った後、「今の菅野のインハイのストレートは素晴らしかったですね。スライダーピッチングなんかしなくて良いんですよ」と絶賛。試合後も、菅野のこの日の投球について「久々に菅野が良かった」と評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM