ニュース

ロッテ安田、土壇場9回にプロ初安打&初打点 チーム救う値千金の同点打

無断転載禁止
ロッテ・安田尚憲
2018.08.12 13:00
オリックス・バファローズ 3 終了 2 千葉ロッテマリーンズ
京セラD大阪

9回二死満塁、井口監督の起用に応える


 ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手が12日、オリックス20回戦(京セラD大阪)の9回表に、プロ初安打となる2点適時打を放った。

 安田は10日に一軍初昇格を果たし、同日のオリックス戦から3試合連続でスタメン入り。この試合も「7番・指名打者」で先発し、第3打席まではヒットがなかった。それでも0-2で迎えた9回、二死満塁の場面で4度目の打席。井口監督は代打を送らず安田に託し、期待のドラ1はオリックスの4番手右腕・山本から、右前への同点適時打を放った。

 打球が一、二塁間を抜けると、安田は渾身のガッツポーズ。プロ初打席から12打席目で、待望の一打が飛び出した。ロッテは安田の千金打で2-2の同点に追いついたが、延長10回サヨナラ負け。痛打された岩下が2敗目を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西