ニュース

ヤクルト・小川監督、選手に感謝

無断転載禁止
ヤクルト・小川淳司監督
2018.08.14 18:00
東京ヤクルトスワローズ 6 終了 5 読売ジャイアンツ
神宮
○ ヤクルト 6x - 5 巨人 ●
<18回戦・神宮>

 サヨナラ勝ちを収めたヤクルトの小川淳司監督は試合後、「僕のミスを選手がカバーしてくれた試合だったじゃないかなと思います」と選手に感謝した。

 小川監督は記者団にミスについて問われると、「小川の代え時、そこが大きなターニングポイントになったんじゃないかなと思います」と継投を挙げた。

 巨人戦6連勝中の小川泰弘は、走者を出しながらも粘りのピッチングで、7回まで無失点に抑えた。疲れが見えた4-0の8回は、先頭の代打・田中俊太、重信慎之介に連打されたが、山本泰寛、マギーを投ゴロに仕留め二死とした。なんとかここを踏ん張りたい小川だったが、岡本和真にセンター前適時打を打たれ、1点を返される。ヤクルトベンチは亀井善行を迎えたところで、小川からセットアッパー・近藤一樹にスイッチ。結果的にこの継投が裏目に出る。2番手・近藤は亀井、阿部慎之助の連打で同点とされると、さらに長野久義に一時勝ち越しとなる適時打を浴びた。

 小川監督は「もう一人亀井のところを(小川に)託すべきだった。後になればどうにでも考えられるんですけど、1点取られたところで判断を早まってしまったかなと。(先発・小川は)110球くらい投げていた。あのイニングは変化が出ていたので総合的に判断して、1/3くらいならと近藤に託した。こういうゲームを落としていたら選手に申し訳ないと思っています」と反省した。

 一時は逆転を許したが、川端慎吾の2点適時二塁打でサヨナラ勝ちしたヤクルト。これで順位も2位へと浮上した。小川監督は「その日勝った負けたで、順位が変わるので、ただ今日勝てたというのは、こういう試合を負けなかったというのが非常に大きかったのではないかと思います」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM