ニュース

若松氏、ヤクルト・中村の右方向の打撃を評価

無断転載禁止
ヤクルトの中村悠平
 15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた若松勉氏が、ヤクルト・中村悠平のライト前ヒットを評価した。

 中村は5回無死一塁で迎えた第2打席、巨人先発・吉川光夫が投じたインサイドのストレートをライト方向に運ぶヒットで出塁。この打撃に若松氏は「向こう(右方向)を狙っていったのか、インサイドからバットを出して打ちましたけども、普段でもこういうバッティングをすればまだまだ打率は上がると思うし、打率があがればリードも良くなると思います」と逆方向へ意識した打撃を心掛けるべきだとアドバイスを送った。

 中村は現在打率.207。右方向の意識が復調のきっかけになりそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM