ニュース

4番で初打点!大谷翔平、スタメン復帰で適時打もチームは逆転負け

無断転載禁止
4番スタメンで適時打を放った大谷翔平
○ レンジャーズ 8 - 6 エンゼルス ●
<現地時間8月16日 グローブライフ・パーク・イン・アーリントン>

 エンゼルスの大谷翔平選手は現地時間16日(日本時間17日)、敵地で行われたレンジャーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場。第1打席でセンターへの適時打を放った。

 前のカードは指名打者制のないインター・リーグの戦いだったため、これが4試合ぶりのスタメン出場となった大谷。初回、3連打で1点を先制した直後の無死一・三塁というチャンスで打席に入ると、2球目の速球を弾き返した痛烈な打球は守備範囲かと思われたショートを抜けてセンターへ。連打の流れに乗り、三塁走者を還す適時打となった。

 エンゼルス打線はその後も止まらず、適時打と内野ゴロの間に追加点を挙げて一挙5点。裏に2点を返されるも、2回にも1点を追加。するとその裏レンジャーズも1点を返し、2回終了時点で6-3と点の取り合いになる。

 ところが、その後は試合が落ち着き、5回までは両チーム無得点。大谷も空振り三振、ニゴロ、空振り三振と第2打席以降は当たりが止まってしまった。

 すると、試合の流れは徐々にレンジャーズへと傾いていく。6回にジュリクソン・プロファーのソロで1点を返されると、8回にはジョーイ・ガロの適時打で1点差に迫られると、制球に苦しむジャスティン・アンダーソンが秋信守に押し出しの四球を与えてついに同点。投手が代わってオスメル・モラレスがルーグネッド・オドルに内野安打を許してその間に勝ち越しを許すと、暴投でさらに1点。一挙4点を奪われて逆転を許した。

 この試合はじめて追いかける立場となったエンゼルスは、直後の9回に先頭のアンドレルトン・シモンズが二塁打で出るも、後続が倒れて無得点。強烈な先制パンチを浴びせながら逆転を許し、6-8で敗れた。

 大谷はスタメン出場で4打数1安打・1打点。4戦ぶりの安打と、4番としての初打点をマークしている。 


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西