ニュース

田尾氏がみた阪神・ロサリオの現状の打撃

無断転載禁止
阪神のロサリオ
 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた田尾安志は、阪神・ロサリオの現在の打撃について言及した。

 韓国球界で2年連続打率3割30本塁打100打点をクリアし、阪神では4番打者として活躍が期待されたが、打撃不振で二軍落ちを経験するなど、韓国時代のような打棒を披露できていないロサリオ。

 18日のヤクルト戦では『5番・一塁』で先発出場したが、4打数0安打に倒れ、途中交代となった。

 田尾氏は「ロサリオのフリーバッティングを見ていたら、神宮のスタンド中段よりその上に飛ばすくらいの飛距離ですよね。ただゲームでは、練習のように振れないんですよね。色々考えるんですかね」と指摘。

 3回の第2打席の初球のファウルには「狙って振っているようなスイングをしていないでしょ。追い込まれてストライクとられちゃいけないから、振っとこうというようなスイングしちゃうのかな。自分でこれって決めて打席に入っていないですよね。余裕がない」と、ロサリオの現状の打撃について分析した。

 2年連続でAクラス入りするためにも、長打力のあるロサリオの完全復調は必要不可欠。虎の悩める助っ人に当たりがでるだろうか…。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM