ニュース

ソフトバンク、オリックスに3連勝 今宮V弾、大竹は3戦連続QS

無断転載禁止
ソフトバンク・今宮健太(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.08.19 13:00
オリックス・バファローズ 4 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪
● オリックス 4 - 8 ソフトバンク ○
<18回戦・京セラD大阪>

 ソフトバンクがオリックスに3連勝。同点で迎えた9回、2番今宮の6号2ランなどで一気に6点を勝ち越した。

 ソフトバンクは2-2の9回、先頭の9番牧原がバント安打を試みると、これが相手左腕・山田の一塁悪送球を誘い牧原は二塁へ。1番上林の送りバントで一死三塁とすると、続く今宮が右翼席へ飛び込む勝ち越し2ランを放った。

 その後も、5番松田の2点適時二塁打、途中出場・高谷の右前適時打などで4点を追加。この回は6本の長短打に相手のミスも絡め、一気にオリックスを突き放した。

 投げては先発の大竹が、7回途中1失点の好投。育成出身左腕は白星こそ手にできなかったが、デビュー戦白星から3試合連続でクオリティ・スタート(QS=6回以上、自責点3以内)をマークした。白星は2番手・加治屋に付き3勝目(1敗)。9回に五十嵐をリリーフした森は22セーブ目(1勝4敗)を手にした。

 オリックスは9回裏に2点を返すも、反撃及ばず痛恨の3連敗。9回表に自らのミスで一挙4点を失った3番手・山田が、今季初黒星(1勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西