ニュース

大阪桐蔭が史上初の”2度目の春夏連覇”に王手!あす21日、金足農と決勝

無断転載禁止
2失点完投の大阪桐蔭・柿木蓮 (C)KYODO NEWS IMAGES
第100回 高校野球選手権大会
済 美 2 - 5 大阪桐蔭
<準決勝 8月20日>

 20日の準決勝第2試合は、大阪桐蔭(北大阪)が済美(愛媛)に逆転勝ちを収め、史上初の“2度目の春夏連覇”に王手をかけた。

 大阪桐蔭は2回に適時打で先制を許すも、1点を追う4回に無死一・二塁から送りバントで一死二・三塁とすると、7番・山田の左前適時打で同点。さらにパスボールで勝ち越した。

 5回表にはファースト・石川の悪送球で同点に追いつかれたが、直後の5回裏に連打と四球で二死満塁とし、石川が中前へ2点適時打。ミスを取り返す一打が決勝打になった。

 リードをもらった先発・柿木は、6回以降に許したヒットは2本。「いい意味でひとりでやってやろう」とエースの意地を見せ、9回2失点155球で完投した。

 史上初の“2度目の春夏連覇”を目指す大阪桐蔭はあす20日(火)、初優勝を目指す金足農と激突する。


▼ 決勝戦
14時00分 開始予定
金足農(秋田)- 大阪桐蔭(北大阪)


【準決勝・第2試合】
済美(愛媛)- 大阪桐蔭(北大阪)
済|010 010 000|2
大|000 230 00X|5
<継投>
済:山口直(8回)
大:柿木(9回)

<本塁打>
済:なし
大:なし


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西