ニュース

田中将大、6回1失点も10勝目ならず 援護なく7回に代打送られ降板

無断転載禁止
敵地でのマーリンズ戦に先発登板したヤンキースの田中将大
● マーリンズ 1 - 2 ヤンキース ○
<現地時間8月21日 マーリンズ・パーク>

 ヤンキースの田中将大投手が21日(日本時間22日)、敵地で行われたマーリンズとのインター・リーグ(交流戦)に「9番・投手」で先発。6回まで4安打1失点と好投したものの、同点の7回表に代打を送られ降板した。

 田中は初回、先頭のオルテガを四球で歩かせたが、一塁けん制がチャレンジ検証の末アウトとなり、ピンチの芽を摘んだ。序盤は丁寧な投球で、3回までゼロ行進。すると4回表、ヤンキースは7番ウォーカーの適時打で先制。なおも一死満塁の好機で9番田中に打順が巡ってきたが、ここは二塁へのインフィールドフライに倒れた。

 1点リードのまま5回を迎えたが、先頭の新人・ディーンに、初球を左中間スタンドへ運ばれた。一発で試合を振り出しに戻されたものの、その後は再び安定した投球。6回まで82球を投げ、4安打4奪三振1失点と好投した。

 だが1-1の7回表、先頭打者として打順が巡ってきたとことで代打を送られた。ヤンキースはこの回に勝ち越し点を奪えず、田中に勝敗は付かず。6回1失点で4敗目(9勝)を喫した前回登板に続き、またしても打線の援護に恵まれなかった。

 試合は1-1のまま延長戦に突入。ヤンキースは9回、11回とサヨナラの大ピンチを凌ぐと、12回表に4番アンドゥハーが決勝点となる左犠飛を放ち4連勝とした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西