ニュース

大矢氏、8回のDeNA・桑原の打撃に苦言

無断転載禁止
DeNAの桑原将志
 22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、DeNA・桑原将志の8回の打席に苦言を呈した。

 2-0の8回一死一塁で桑原に打席が回ってくる。一塁走者・大和がスタートを切るも、桑原は転がすことができず右邪飛に倒れ、走者を進めることができなかった。

 ここで実況を務めた師岡正雄アナウンサーが、続く宮崎敏郎の打席中に「ここで1点を取ればほぼ勝利を手中に収める展開」と話すと、大矢氏は「師岡さんが言っている気持ちで、桑原が打席に立っていたかどうかですね」とチクリ。

「ランナーがスタート切っているんだから転がさないとダメでしょ。どうしても1点という気持ちがあればそういうことがちゃんとできるはず。今年のDeNAはそういう気持ちが足りない」と桑原の打撃に納得がいかなかったようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM