ニュース

中日、連勝止まり最下位脱出ならず 大野雄5失点で3敗目、遠い初勝利

無断転載禁止
5回、広島・バティスタに本塁打を浴び、肩を落とす中日・大野雄(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.08.25 18:00
広島東洋カープ 6 終了 2 中日ドラゴンズ
マツダスタジアム
○ 広島 6 - 2 中日 ●
<20回戦・マツダスタジアム>

 投打が噛み合った広島が快勝。中日は先発・大野雄が5回5失点で3敗目(0勝)を喫し、チームの連勝は2で止まった。

 中日は1回表、1番平田がバックスクリーンへの先頭打者弾を放ち先制。大野雄は幸先よく援護点をもらったが、その裏、1番野間に四球、2番菊池には右前打許したあと、3番丸には29号3ランを浴びあっさりと逆転された。

 2回も先頭打者の7番田中に安打と二盗を許したあと、一死三塁後、相手先発の9番大瀬良に右前適時打を浴びた。3回以降も、先頭打者の出塁を許すテンポの悪い投球。5回はようやく先頭から2者連続三振を奪ったが、二死後、5番バティスタに左越えの20号ソロを浴びた。

 大野雄は5回101球、2被弾含む7安打6奪三振2四球の内容で計5失点。今季6度目の先発でも役割を果たせず、防御率は8.56となった。

 中日は23日の阪神戦にサヨナラ勝ち。前夜は笠原の粘投、佐藤のプロ初セーブで2連勝中だったが、大野雄がまたしても背信投球を繰り返してしまい、最下位脱出のチャンスを逃した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西