ニュース

真中氏、カウント0-2から3球目のボールに「もったいない」

無断転載禁止
ショウアップナイターの解説者を務める前ヤクルト監督の真中氏
 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた真中満氏は、カウント0ボール2ストライクから3球目に1球外す阪神・梅野隆太郎のリードに苦言を呈した。

 0-2の2回無死走者なしで打者・長野久義の場面、阪神の先発・小野泰己は簡単に2ストライクと追い込む。しかし、続く3球目は外に外しボール。この配球に真中氏は「梅野はいつもなのですが、2ストライクと追い込んでから外のボールを要求するときに、かなりボール球を要求するんですよね」と指摘。

 「すごい1球が無駄に感じるんですよね。このボールをしっかりベースのコーナーに投げるとか、フォークボールを釣るとかそういう配球をすればいいんですけど、ただ単にボール球を1球投げているだけなので、もったいない」と疑問に感じたようだ。

 結局、3ボール2ストライクから長野に内野安打で出塁を許す。真中氏は「コントロールの良い投手なら許される部分なんですけど、本当に四球の多い小野ですから、そうなるとあの1球がもったいないですよね。ギリギリのコースを狙ったならボールでもいいんですけど、完全に外に出ちゃっていますので、なんであれを外すのか分からないですけど…」と振り返った。

 その後、無死一、二塁となり8番・小林誠司に対しても0ボール2ストライクから、明らかに1球外した外角の球で1ボールを与える。真中氏は「なんで1球外すんですかね。3球勝負して打たれて、苦い経験があると思うんですよ。それに対してベンチに非常に怒られたとか、何か悪い印象が残っていて、2ストライク1ボールにしておけば、次に打たれてもしょうがない。ベンチと勝負しているような配球なんですよね」と自身の見解を述べた。

 この日、0ボール2ストライクから3球目にボールとなったケースは6度。26日以降、0ボール2ストライクから3球目に、梅野はどんなサインを出すか気になるところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM