ニュース

山崎武司氏、9回の巨人・坂本の守備に「アウトにしないと」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める山崎武司氏
 30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた山崎武司氏が、9回の巨人・坂本勇人の守備に苦言を呈した。

 2-3の9回二死二、三塁から広島・菊池涼介が放ったゴロを巨人の遊撃・坂本が処理し、一塁へ送球。しかし、一塁へヘッドスライディングした菊池の手がつくのが速かったと判定されセーフに。その間に三塁走者が生還し、巨人にとっては痛すぎる4点目となった。高橋由伸監督もこのプレーにリクエストを出すも、判定は覆らなかった。

 この守備に山崎氏は「普通であればショートがアウトにしないといけない当たりですから、菊池が一生懸命走ったのは素晴らしいことですけど、これはアウトにして欲しいですよね」と苦言。「少しだけチャージが緩かったかなという印象がありますね。重い1点になってしまいましたね。もったいない…」と嘆いていた。

 続く丸佳浩の適時打、新井貴浩の二ゴロを山本泰寛がファンブルと、巨人はこの回3点を失い試合が決まってしまった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM