ニュース 2018.09.03. 10:00

大矢氏が広島を“大人の野球”と評価した場面は?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める大矢明彦氏
 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−広島戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、広島の6回・菊池涼介の犠打について言及した。

 7—3の6回、先頭の野間峻祥がショートの失策で出塁。続く2番・菊池涼介が1ボールから2球目にきっちりと送りバント。一塁走者の野間を得点圏に走者を進めた。

 この犠打に大矢氏は「菊池は2本打っているにも関わらず、しっかりスコアリングポジションに進めるでしょ。この辺の野球ですよね。この回はエラーから始まっているで、1点という意味合いが全く違う。その辺の捉え方は大人のチームですよね」と話し、「菊池はバントのサインが出ていなくても、やっていると思うんですよ。この1点というところで、この辺が大人のチームだなと感じますね」と評価した。

 後続が打ち取られ、追加点を挙げることができなかったが、広島は自分の役割を理解している選手が多い。これが広島の強さの一つなのかもしれない。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM