ニュース

真中氏、DeNA・宮崎の逆方向弾に「ポイントを掴んでいますよね」

無断転載禁止
DeNA・宮崎=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏が、DeNA・宮崎敏郎の本塁打を評価した。

 宮崎は4-1の3回無死走者なしから、ヤクルトの先発・石川雅規が投じた外角シンカーを逆らわずに、DeNAファンの待つライトスタンドへ放り込んだ。

 真中氏は宮崎の本塁打に「ライトへのホームランですけど、今年何回みたかというくらい同じようなスイング、飛距離で完全にポイントを掴んでいますよね」と分析した。

 昨季15本塁打放った宮崎だが、今季は昨季を大きく上回る自己最高の25本塁打を放つ。ちなみに、右方向への本塁打は8本だ。逆方向にもアーチを描く宮崎は、残り試合で何本の本塁打を放つか注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM