ニュース

エンゼルス、8投手による完封リレー 大谷は3の0、連続試合安打止まる

無断転載禁止
12年ぶりの先発となったエンゼルスのベテラン右腕・ジョンソン
○ エンゼルス 1 - 0 レンジャーズ ●
<現地時間9月11日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手が現地時間11日(日本時間12日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場。この日は3打数無安打1三振に倒れ、連続試合安打は8で止まった。

 レンジャーズの先発は、今季2登板目の26歳右腕・サンプソン。大谷は0-0の初回、二死一塁の場面で打席に入り、2球目の内角球を上手く捉えたが、痛烈ゴロは二塁手の守備範囲だった。4回は追い込まれたあと粘ったが、無死二塁の好機で空振り三振。6回の第3打席も3番トラウトの四球と盗塁で二死二塁の好機だったが、左腕のペルハムの前に遊ゴロをに倒れた。

 この日は3打数無安打1三振で、連続試合安打は8でストップ。連続長打も6試合で止まり、打率は.291となった。

 エンゼルスは投手陣が完封リレー。この日はスタートから救援投手に託す“ブルペンデー”で、1回1/3を無失点に抑えた先発・ジョンソンから、8人の継投でレンジャーズ打線を2安打に抑えた。

 勝利投手は2番手のノエ・ラミレスで5勝目(5敗1セーブ)。2回裏に飛び出した7番フェルナンデスのメジャー初本塁打が決勝点となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西