ニュース

宮本和知氏、敗れた巨人は「仕掛けが遅いというか…」

無断転載禁止
巨人・高橋監督(右)=東京ドーム【撮影日=2018年8月30日】(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.09.13 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
● 巨人 2 - 4 ヤクルト ○
<23回戦・東京ドーム>

 巨人は2位・ヤクルト戦に2-4で敗れ、ヤクルトとの3連戦に1分け2敗と負け越した。

 巨人は4回に岡本和真の第31号ソロで先制したが、1-0の7回に青木宣親、バレンティンの適時打で逆転を許す。1-2の9回には4番手・中川皓太が青木に2ランを浴びた。その裏、近藤一樹からマギーの犠飛で1点を還したが、巨人はヤクルトに2-4で敗れた。

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた宮本和知氏は「(打線は)9回に入るまでにヒット数も3本だったんですよね。仕掛けが遅いというか、先制点は取るんですけど、昨日と同じような感じでやられましたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM