ニュース

宮本和知氏、7回に適時打を打たれた巨人バッテリーに…

2018.09.13 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
● 巨人 2 - 4 ヤクルト ○
<23回戦・東京ドーム>

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた宮本和知氏は、7回に同点適時打を浴びた巨人バッテリーの配球について言及した。

 巨人の先発・田口麗斗は6回までヤクルト打線を無失点に抑えていたが7回、先頭の中村悠平に安打、続く上田剛史に犠打を決められる。さらに坂口智隆にインコースをライト前に運ばれ、一、三塁とされた。ここを踏ん張りたい田口、捕手・小林誠司のバッテリーは、青木宣親に対して、2ボール1ストライクか外角のカーブでファウルにし、2ボール2ストライクとする。追い込んだ田口、小林バッテリーは続く5球目もカーブで勝負したが、これが結果的に裏目に出た。青木にレフト前に運ばれる同点適時打を浴びた。

 この配球に宮本氏は「結局2球同じ球を続けたんですよ。ファウルを打たせた球は際どかったのですが、今のボールは1個甘く入って打たれてしまった。あそこは2球続けてはダメです。インサイドのストレートが良かっただけに、それを選択して欲しかった」と持論を展開した。

 青木に同点適時打を浴びた田口はここで降板し、畠世周がマウンドに上がった。畠は山田を二ゴロに打ち取ったが、続くバレンティンに勝ち越しの適時打を許した。その後、9回にも中川皓太が青木に2ランを浴びるなど、巨人は2-4で敗れた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM