ニュース

ヤクルト・坂口が語る一塁の守備

無断転載禁止
ヤクルトの坂口智隆
 15日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 今こそ!プロ野球!!』にヤクルトの坂口智隆が、今季から挑戦する一塁の守備について語った。

 オリックス時代に外野手部門で4年連続ゴールデングラブ賞を獲得した実績を持つ坂口だが、今季は同じ外野を守る青木宣親が7年ぶりにヤクルトへ復帰したため、一塁で出場することが多い。

 坂口は「ファーストの守備に関してはどうもこうもないです。外野では守備で怖さというか恐怖心がなかった。毎試合、毎試合、怖い思いをしながら、ビクビクしながら守っています」と一塁の難しさについて語る。

 一塁で戸惑ったことについては「ボールを触る機会が多いので、ファーストを守ってから人の球を捕るだけでこれだけ難しいんだと。また、景色を大事に守ってきました。(外野と一塁では)距離感がまず違うので、そこに何試合でても慣れないなというのはあります」と明かした。

 「慣れていくことはないと思いますけど、下手くそは下手くそなりに練習して、ちょっとずつでも成長できればチームのためにもなりますし、自分のためにもなります。練習はしっかりやっていきたいと思います」と力を込めた。

 不慣れな一塁の守備でプレーしながらも、打撃面では3割を超えるアベレージを残すなど、チームに欠かせない働きを見せる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
アナログ   やぎメール   FM