ニュース

ソフトB、連敗ストップ!工藤監督「執念が出ていた」

無断転載禁止
ソフトバンク・工藤公康監督
2018.09.18 18:15
千葉ロッテマリーンズ 2 終了 4 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン
● ロッテ 2 - 4 ソフトバンク ○
<18回戦・ZOZOマリン>

 雨の影響で中断を挟むなど厳しいグランドコンディションの中、ソフトバンクが4-2で勝利。連敗は3でストップした。

 2点を追う7回二死二、三塁から福田秀平の2点適時打で同点に追いつくと、9回一死満塁から川島慶三の犠飛、牧原大成の適時二塁打が飛び出し勝ち越しに成功。その裏、守護神・森唯斗が一死一塁から角中勝也にあわや本塁打という当たりを打たれるも、ロッテの走塁ミスにも助けられ試合が終了した。

 工藤監督は「みんなの執念がしっかり今日の試合に出ていたと思います。良い集中力を保った一日だったと思います。何よりもみんなが良し行くぞ!という気持ちになれた」と選手たちを労った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM