ニュース

野村弘樹氏、日ハム・近藤の打撃を心配!?

無断転載禁止
日本ハムの近藤健介
 19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 西武-日本ハム戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、日本ハム・近藤健介の打撃を心配した。

 近藤はこの日の第1打席レフト前ヒットを放った後は、第2打席が遊飛、第3打席が二併、第4打席が二ゴロに倒れていた。

 野村氏は「1打席目の感じでいくと、上手いバッティングができるんですけど、初球を打たされたり、インコースのスライダーを嫌そうに見逃すんですよね」と指摘。

 近藤は9回二死三塁の第5打席、西武の守護神・ヒースが投じたインコースのスライダーをレフト前に運ぶタイムリーを放った。しかし、この打撃に野村氏は「逆方向に持っていったというよりも、少しストレートに対して早く取っていた。追い込まれて変化球に対して、なんとか食らいついたという印象ですね。内容としては、あまり良くなかったですね」と振り返った。

 野村氏が近藤の打撃を心配したが、この日は2安打を放ち、打率は.329に上昇した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM