ニュース

山本昌氏がみた巨人・大城卓三

無断転載禁止
巨人の大城卓三(C)KYODO NEWS IMAGES
 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏が、巨人・大城卓三について語った。

 この日『7番・捕手』でスタメン出場した大城は、7回の第3打席に反対方向へ第4号本塁打を放つ。この打撃に山本氏は「反対方向ですからね。1年目でこれだけ対応できれば来年、再来年とだんだんと、バッターとしても成長していくでしょう」と今後の活躍に期待を寄せる。

 続けて山本氏は「阿部慎之助選手もルーキーの時からやりましたけど、最初からあんなには打っていないですよ。何年か目ぐらいから手がつけられなくなりましたけど、そういうことで十分素質はあるなと」と“打てる捕手”として長年巨人の正捕手に君臨した阿部慎之助に匹敵するくらいの打撃力があると分析した。

 大城の打撃力は魅力だが、課題は守備面。山本氏も「ただ阿部選手は、最初からコントロールも良いし肩も強かったので、これは盗塁するのはしんどいなというのを練習から見せていましたからね。大城捕手も(肩が)弱くはないんですけど、阿部捕手みたいな球の速さ、コントロールの良さはスローイングにまだないですからね」と指摘する。

 スタメンマスクを被り続けるためにも、大城は守備力の向上が必須といえそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM