ニュース 2018.09.22. 22:02

西武、山川の逆転3ランで8連勝! マジックは1つ減って7、主砲「1個ずつ」

無断転載禁止
9月22日のロッテ戦、9回に逆転3ランを放つ西武・山川(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.09.22 14:00
千葉ロッテマリーンズ 3 終了 5 埼玉西武ライオンズ
ZOZOマリン
● ロッテ 3 - 5 西武 ○
<24回戦・ZOZOマリン>

 西武が9回二死から試合をひっくり返し破竹の8連勝。山川の43号3ランが決勝弾となり、優勝へのマジックを「7」とした。

 西武は1点を追う9回、先頭の9番金子侑、1番秋山が連打で出塁。続く源田、浅村は連続三振に倒れ二死一、二塁となったが、山川がロッテ・内から逆転3ランを左翼席へ運び、土壇場で試合をひっくり返した。

 9回裏はヒースが締め、10セーブ目(3勝1敗)をマーク。白星は8回に一時勝ち越しを許した小川に付き、元中日左腕はこれが移籍後初白星となった。

 山川は逆転弾について「内さんには昨日もやられているので、しっかり振っていくことだけを意識しました」とコメント。マジックに関しては、「一気には減らないと思うので、1個ずつ減らして行きましょう」とファンに呼びかけた。

 その言葉通り、ナイトゲームでソフトバンクがオリックスに勝利したため、この日もマジック減少は1つのみ。西武はマジック初点灯後も連勝を続けているが、ソフトバンクも西武戦後に再び4連勝。連覇への意地を見せている。

 ロッテは逆転負けで8連敗。8回に福浦の2000安打となる二塁打を口火に一時勝ち越したが、ベテランの偉業達成を勝利で飾ることができなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西