ニュース

巨人、甲子園5連勝で3位キープ! 阪神はまたも本拠地で打線沈黙

無断転載禁止
6回に先制打を放つ巨人・阿部=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.09.23 14:00
阪神タイガース 1 終了 2 読売ジャイアンツ
甲子園
● 阪神 1 - 2 巨人 ○
<23回戦・甲子園>

 巨人は甲子園で5連勝。CS進出を争う阪神を下し、3位の座を守った。

 序盤は阪神先発・青柳、巨人先発・今村による投手戦。巨人は6回、二死から一、二塁の好機を作ると、阪神の2番手・能見から、5番阿部が先制となる適時打を右前へ運んだ。1-1の8回は二死一、二塁とし、阪神・藤川から、途中出場の立岡が決勝打となる中前適時打を放った。

 今村は5回の好機で代打を送られ、4回無失点で降板。5回以降は小刻みな継投策に入ったが、7回に4番手の上原が同点打を許した。それでも、イニングまたぎで力投した5番手・畠が今季初勝利をマーク。1点リードの9回は山口俊が締め、移籍後初セーブ(8勝8敗)を手にした。

 阪神は7回、代打・鳥谷の中前適時打で同点に追いつくも、8回に藤川が勝ち越し打を浴び3敗目(4勝セーブ)。9月以降、敵地では猛威を振う打線も、この日は8安打1得点と機能しなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西