ニュース

松山が決めた!広島の優勝M1 田尾氏「楽しいゲームが多い」

無断転載禁止
9回広島一死二、三塁、代打松山が右前にサヨナラ打を放ちガッツポーズ=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.09.23 18:00
広島東洋カープ 2 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
マツダスタジアム
○ 広島 2x - 1 DeNA ●
<22回戦・マツダ>

 広島が松山竜平の適時打でサヨナラ勝ち。優勝マジックを1つ減らして『1』にした。

 1-1の9回一死走者なしから野間峻祥が四球を選ぶと、続く会沢翼がライト前ヒットで繋いだ。ここで松山竜平が代打で登場。松山は3ボール2ストライクから三嶋一輝が投じたスライダーをライト前に弾き返し、三塁走者の野間がサヨナラのホームを踏んだ。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター広島-DeNA戦』で解説を務めた田尾安志氏はサヨナラ打を放った松山について「こういう場面での集中力の出し方、そういうところはさすがだなという気がしましたね。一打席でヒーローをもっていきましたね」と評価。

 これで広島は24日のDeNA戦に勝利するか、2位・ヤクルトが中日戦に敗れるかで3年連続のリーグ優勝が決まる。田尾氏は「ヤクルトの勝ち負けを気にせずに1つ勝てば優勝。マジック1を作りましたので、明日はすごい盛り上がるのではないですか。強いチームだけど逆転勝ちが多くて、見ていて本当に楽しいゲームが多いですよね」と語った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM