ニュース

ソフトバンク5連勝、3位ハムと5差 ミランダ4勝目、復帰の柳田2安打

無断転載禁止
ソフトバンク・ミランダ=ヤフオクD(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.09.23 18:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 0 北海道日本ハムファイターズ
ヤフオクドーム
○ ソフトバンク 2 - 0 日本ハム ●
<24回戦・ヤフオクドーム>

 2位のソフトバンクが完封勝ち。連勝を5に伸ばし、3位・日本ハムとのゲーム差を5に広げた。

 ソフトバンクは序盤、好機であと一本が出ない展開が続いたが、5回に3番グラシアルの8号ソロで先制。8回は5番デスパイネが二塁打で出塁したあと、続く中村晃が右翼線への適時二塁打を放ち2-0とリードを広げた。

「4番・中堅」で戦列復帰した柳田は、初回に左前打を放つなど2安打1四球で3出塁。大黒柱は16日の西武戦試合前の練習中に打球が頭部に当たり、脳振とう特例措置の適用で登録抹消。状態が心配されたが、復帰戦で元気な姿を披露した。

 投げては先発のミランダが好投。4四球を与えるなど制球にバラつきはあったものの、7回途中1安打無失点で4勝目(1敗)を手にした。2点リードの9回を締めた森は、リーグトップタイの32セーブ目(2勝4敗)。4投手の継投で完封リレーを達成し、首位・西武とのゲーム差を6に縮めた。

 日本ハムは打線が振わず2安打完封負け。これでソフトバンク戦は6連敗となり、先発のマルティネスは7回1失点ながら10敗目(10勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西