ニュース

DeNA、サヨナラ負け…田尾氏「松山の勝負強さを考えれば…」

無断転載禁止
DeNAのラミレス監督
2018.09.23 18:00
広島東洋カープ 2 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
マツダスタジアム
○ 広島 2x - 1 DeNA ●
<22回戦・マツダ>

 3年連続Aクラスを目指すDeNAは、サヨナラ負けを喫した。

 4連勝で広島に乗り込んできたDeNAは、4回にロペスの第23号ソロで先制する。しかし、1-0の6回に西川龍馬に適時打を浴び同点に追いつかれる。1-1の9回から5番手・三嶋一輝がマウンドに上がったが、ピリッとしなかった。バティスタを空振り三振に仕留めたが、野間峻祥には1球もストライクが入らず四球。続く会沢翼を簡単に追い込んだが、ライト前に運ばれる。このピンチを防ぎたい三嶋だったが、代打・松山竜平に3ボール2ストライクから投じた6球目のスライダーをライト前に打たれ、サヨナラ負けとなった。

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-DeNA戦』で解説を務めた田尾安志氏は「このコントロールでは満塁策を躊躇しましたかね。松山の勝負強さを考えれば、満塁策を取ってダブルプレーも狙える。普通なら考えられるんですけど、それができなかった」と9回の場面を振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM