ニュース

大谷、好機で打てず3三振含む4の0 田沢は2/3回を無安打無失点

無断転載禁止
エンゼルス・大谷翔平
○ アストロズ 6 - 2 エンゼルス ●
<現地時間9月23日 ミニッツメイド・パーク>

 エンゼルスの大谷翔平選手が23日(日本時間24日)、敵地でのアストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。3打席連続三振を喫するなど4打数無安打に倒れ、チームは5連敗を喫した。田沢純一投手は2番手として登板。ピンチの場面で2/3回を無失点に抑え、見事な火消しを披露した。

 大谷は初回、一死二塁の好機で打席に入るも、アストロズ先発・モートンの前に空振り三振。1-3の3回も一死一、二塁の好機だったが、2番手左腕・バルデスに3球三振に仕留められた。

 5回の第3打席もバルデスのカーブにタイミングが合わず空振り三振。2-6の8回は3番手右腕・マキューに一ゴロに打ち取られ、この日は4打数無安打3三振。2試合ぶりの無安打で打率は.281となった。

 田沢は3回に登板。先発のスカッグスが4点目を奪われ、なおも一死一、二塁のピンチだったが、先頭打者に四球を与えたものの後続2人を抑えた。右腕は2戦ぶりの無失点。エンゼルス移籍後の防御率を2.70とし、今季通算では同7.43となった。

 エンゼルスは地区連覇へ加速中のアストロズに3タテを食らい、これで5連敗。残り6試合で借金6と、勝率5割でのシーズン終了は厳しくなった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西