ニュース

ヤクルト2位の意地、広島Vに”待った” バレV弾、緊急先発の大下が力投

無断転載禁止
ヤクルト・バレンティン(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.09.24 14:00
中日ドラゴンズ 1 終了 6 東京ヤクルトスワローズ
ナゴヤドーム
● 中日 1 - 6 ヤクルト ○
<24回戦・ナゴヤドーム>

 ヤクルトが敵地で中日に連勝。貯金を今季最多の「4」とし、広島の3連覇に待ったをかけた。

 ヤクルトは0-0の3回、二死から3番山田哲が中前打で出塁したあと、4番バレンティンが34号2ランを右翼席へ運んだ。先制ホームを踏んだ山田哲は、これが今季120得点目。2015年に自らが塗り替えた球団の得点記録(119)を更新した。

 その山田哲は、7回に貴重な適時二塁打を左翼線へ。8回は7番西浦の適時二塁打で4-1としたあと、9回は5番雄平の2点適時打でダメ押しの2点を加えた。

 投げては先発の大下が力投。小川の先発回避で急遽マウンドに登ったドラ2右腕は、白星こそ手にできなかったが5回途中1失点。しっかりと役割を果たし救援陣にあとを託した。5回途中からは中沢、梅野、ハフ、近藤、石山が無失点リレー。白星は5番手の近藤につき、右腕は7勝目(3敗2セーブ)をマークした。

 中日は打線が6安打1得点と振るわず4連敗。先発の吉見は7回3失点と力投したが、打線の援護なく7敗目(5勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西