ニュース

DeNA、2試合連続の1点差負け 8安打で1得点、打線振わず4位へ後退

無断転載禁止
初回にヤクルト・山田哲(右)に先制ソロを浴びたDeNA先発の京山(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.03 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
神宮
○ ヤクルト 2 - 1 DeNA ●
<24回戦・神宮>

 ヤクルトが2戦連続の接戦を制し今季最多の貯金「7」。DeNAは打線が振るわず、連敗でリーグ4位へ後退した。

 DeNAはヤクルトの5投手を打ち崩せず8安打で1得点。この日も好機であと一本が出ない展開が続き、得点は2点を追う8回、6番乙坂が放った中犠飛のみだった。

 先発の京山は初回に2点を失い降板。1回3安打2失点の内容で6敗目(6勝)を喫した。2回以降は救援陣が無失点リレーでつないだが、打線が投手陣の力投に応えられなかった。

 2試合連続で1点差ゲームを落としたDeNAは、これで神宮球場で4連敗。前日まで同率3位だった巨人を下回り、リーグ4位へ後退した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西