ニュース

燕・カラシティーが好リリーフ「ブルペンの負担が…」

無断転載禁止
ヤクルトのカラシティー
2018.10.03 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
神宮
○ ヤクルト 2 - 1 DeNA ●
<24回戦・神宮>

 ヤクルトの先発・原樹理が1回を投げたところで緊急降板したが、2回からマウンドにあがったカラシティーが4イニングを無失点に抑えた。

 2回先頭の乙坂智に内野安打を許したが、後続を打ち取ると、3回以降もDeNA打線を無失点に抑える好リリーフを見せた。

 カラシティーは「シーズンはじめはリリーフをやっていたので、比較的に早く肩を作ることができました」と話し、「最近はブルペンが連投、連投という日が続いていた。自分が1イニングでも長く投げる事で、ブルペンの負担が軽減されればと思い投げました」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM